エデュケーションエーキューブ(Education A³)

わくわく放課後サイエンス教室 第1回を開催しました!!

 

科学教室プログラム「わくわく放課後サイエンス教室」の第1回を開催しました。

「わくわく放課後サイエンス教室」は、九州大学の学生団体「iTOP」(アイトップ)と恊働で実施する、楽しい実験やゲームを通じて理科への興味や関心を深める科学教室です。福岡市NPO活動推進補助金の助成により、低料金で提供させて頂いております。

第1回目は、電気の仕組みを理解するために、静電気クラゲや電気コップを作成し実験を通じて電気の仕組みである帯電や放電を学ぶ「静電気の教室」を行いました。

プログラムの最初は、学生と子ども達のお互いの自己紹介とアイスブレークとして簡単なゲームを行い、楽しい雰囲気でスタートしました。子ども達は九大生が作成したわかりやすいアニメーション資料で電気の仕組み説明してもらった後、実際に静電気クラゲや電気コップを作成し、静電気の放電や帯電について体験しました。電気コップの実験では、ゴム風船を使って電気コップに電気を帯電させ、実施にそのコップを自分で触って「バチっ!!」と感じることで電気の放電を体験していました。最後は学習した内容をクイズ大会で確認し、1〜3位の子ども達には豪華賞品(?)が贈られました。
子ども達も目に見えない電気をこうした体験を通じて学ぶことで身近に感じる事ができたようです。授業終了のアンケートでは、参加者全員が実験については、「楽しかった」、「どちらかといえば楽しかった」と帯電や放電の仕組みついての理解も「わかった」、「どちらかといえばわかった」という感想でした。

12月に開催する第2回では、「ニボシ」(!!)の解剖を通じて、体の構造を理解する「生物の教室」を実施します。尚、まだ参加人数にはまだ余裕がございますので、第2回から参加希望の方はお気軽にご連絡を頂ければと思っています。

 

f:id:education-a3:20140927220322j:plain

 

f:id:education-a3:20140927213916j:plain

 

f:id:education-a3:20140927214957j:plain